投稿

チームラボ インタラクティブアート作品を「第33回全国都市緑化よこはまフェア」で「人と木々とクリスタル花火」披露

 チームラボ(株)が2017年3月25日から6月4日までの期間、インタラクティブアート作品「人と木々とクリスタル花火」を「第33回全国都市緑化よこはまフェア」の会場のひとつである「グランモール公園」にて披露する。

 

 人が近づくと、光の色を変え、音を奏でながらまわりの木々に光と音を伝播していく、全長約210mの「呼応する木々」。各々のスマートフォンで好きな花火を選択し、 投げ込むことで、 無数の光の点で構成された立体の花火が打ち上がる、高さ14mの「チームラボクリスタル花火」。同コンテンツは、LEDを三次元上に配置することにより、 三次元の動く立体物をリアルタイムに映し出すことが可能な「インタラクティブ4Dビジョン」という独自の技術を使い、三次元の光の点の集合で形作られる立体の花火だ。2つのコンテンツは連動し、美術の広場がインタラクティブな光のアート空間に変わるという。