ニュースリリース

〈2020.7.9〉ディージェーワールド、検温機能付デジタルサイネージ取り扱い開始

 (株)CEホールディングス(東証一部)のグループ会社で、医療情報システムの開発及びデジタルサイネージシステムの開発・販売を行う(株)ディージェーワールド(本社:札幌市白石区、以下 DJW)は、新型コロナウイルスの感染拡大防止に効果的な検温機能付きデジタルサイネージの取り扱いを開始した。

 

 

 新型コロナウイルスは依然として猛威を振るっており、その感染拡大防止を目的として、厚生労働省から「新しい生活様式」が提唱されている。経済活動を再開しつつも、一人一人が感染症予防に最大限留意しなければならない状況の中、事業者にとって、利用者へ効果的かつ効率的に状況を周知することができるデジタルサイネージは非常に効果的だ。
 DJWは、下記2製品の取り扱いを開始したが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため広く普及することを期待し、2020年9月末までキャンペーンを実施。

 

 

【製品概要】
1.ハンドウォッシュ付き21型検温サイネージ
〈ネットドア(株)製 D-Sign Clean〉

  • タッチパネルディスプレイで様々な情報を配信できる。
  • オートディスペンサーで自動噴射され、タッチレスなので安心して利用できる。
  • 正面に立つと高性能赤外線センサーが体温を測定。測定結果はポップアップで画面に表示される。

 

d57021-3-414411-0

▲ ハンドウォッシュ付き21型検温サイネージ イメージ

 

 

 

2.大画面サーモ付き 43型検温サイネージ
〈(株)アズオン製 DS-43S〉

  • 大型モニタ&サーモカメラで存在感のある自動検温装置
    (0.5秒の瞬間スクリーニングで誤差±0.1℃)
  • 異常発熱を検知した場合、本体から警告音と光で発熱の疑いのある人に警告。

 

d57021-3-265691-2

▲ 大画面サーモ付き 43型検温サイネージ イメージ

 

詳細
http://www.hokkaido-degital-signage.jp/campaign/20200706/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3.pdf

 

この記事を見た人はこんな記事を読んでいます