事例集

桜の花びらや鳥の群れなど春の訪れをイメージした映像が展開。

ペンギンとクラゲとプロジェクションマッピング

オリックス不動産(株)が運営する「すみだ水族館」(東京都墨田区)では、春の特別演出として、ペンギンプールの底面全体にプロジェクションマッピングを用いて映像を投影するショープログラム「ペンギンピクニック」と、大型のクラゲ水槽に、多くの生命を育みながらゆったりと波打つ春の海の映像を投影する「クラゲと桜」を開催している。

 

 

 

 「ペンギンピクニック」は2017年3月15日から5月7日までの期間、日本最大級となる幅24m、奥行14mの屋内開放型ペンギンプールの底面全体にプロジェクションマッピングを用いて桜の花びらや鳥の群れなど、春の訪れをイメージした映像を投影する約7分間のショープログラム。春を表現した映像を眺めながら、好奇心旺盛なペンギンが、光を追いかける姿を見ることがで きる。美しい春色に染まったペンギン プールで“水中お花見”を楽しんでみてはいかがだろう。

 

 

▲ ペンギンプールの底面全体に、桜の花びらや鳥の群れなど、春の訪れをイメージした映像を投影する「ペンギンピクニック」。同プログラムは、光に興味を持った好奇心旺盛なペンギンたちが、映像と遊ぶように光を追いかけ、生体本来の動きを引き出すのも狙い。飼育下では行動が単調になりがちなペンギンたちの健康促進にも繋がる試みとして、今後もショープログラムを取り入れていくようだ。

さらに詳しい情報は月刊サイン&ディスプレイ2017年4月号で掲載しております。

 

「クラゲと桜」は同年4月28日までの期間、大型のクラゲ水槽2槽に、穏やかにうねる春の海をイメージした波の揺らぎに、春の風物詩である桜などをあしらった特別映像を投影するというもの。桜色に染まってふわふわと漂う神秘的なミズクラゲ、とのコラボレーションが楽しめる。

 

 

 

 

日本テレビ系列「ZIP!」内の「朝だよ!貝社員」コーナーでおなじみのキャラクターたちが、貝の魅力や意“貝”な事実について“貝”説する「ビックリ!貝まつり~アイツもコイツも実は貝~」を開催しています。

 

 

 

イベントでは、クリオネ、オウムガイ、タコ、イカ、ウミウシなどさまざまな貝の仲間である軟体動物を集め、「朝だよ!貝社員」のキャラクターたちがゆる~く“貝”説する特別展示コーナー「ゆるゆる“貝”説アクアリウム」を設置。

 

■展示生物:クリオネ(ハダカカメガイ)、
       オウム貝(オウムガイ)、タコの仲間、
       イカの仲間、ホラ貝(ホラガイ)、
       ミル貝(ナミガイ)、ウミウシの仲間 など
 ※展示生物は変更になる可能性があります。
■展示期間:2017年3月18日(土)~5月7日(日)
■展示時間:終日
■展示場所:5F「ペンギンカフェ」前

 

期間限定メニュー

①「ペンギンピクニック BOX」

②「朝だよ!貝社員」コラボメニュー「もな貝社員」

③「さくらスムージー」

④ペンギンさくら和ッフルソフト

 

お問い合わせ

すみだ水族館
〒131-0045  東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
Tel.03-5619-1821(9時~21時 土日祝日含む)
http://www.sumida-aquarium.com/

Facebook  記事一覧  お問い合わせ

 

 

同事例は、月刊サイン&ディスプレイ「4月号」に掲載されておりますが、一部誤りがありましたので、お詫びとともに訂正をさせていただきます。
(誤)「ペンギンピクニック」「クラゲと桜」ともに、映像はWOW incが制作
(正)「ペンギンピクニック」の映像は、WOW incが制作

 

 

この記事を見た人はこんな記事を読んでいます